交通事故・刑事事件に加えて借金問題・労働問題の対応を本格化しています。

トップ 無料電話案内 お問合わせ先一覧

弁護士の活用法を大公開!

注意

以下は、対応できる相談の一例です。実際の相談例ではありません。弁護士は実際の相談に対しては守秘義務を負っています。インターネット上で相談の詳細を公開することは絶対にありません。秘密が外部に漏れることはありませんのでご安心ください。

保釈と勾留取消し

勾留の取消しとは、勾留の効力を将来に向かって消滅させることで、あなたの身柄拘束を解くものです。保釈と異なり、勾留の取消しは、身柄拘束状態を確定的に消滅させるものです。保釈の取消しのような、その後に身柄拘束を復活させる制度はありません。また、保釈金のような担保を納める必要もなく、保釈条件のような条件をつけられることもありません。

勾留取消しとは

勾留の取消しとは、勾留の効力を将来に向かって消滅させ、あなたの身柄拘束を解くものです。つまり、勾留をもともとなかったことにするのではなく、当初は勾留が有効に行なわれたことを前提として、事後的な事情変更を理由に撤回するのです。
勾留の取り消しが行なわれる理由としては、勾留の理由や勾留の必要がなくなったとき、または勾留による拘禁が不当に長くなったときの2通りがあります。

勾留の理由・勾留の必要がなくなったとき

まず、勾留の理由がなくなった場合とは何でしょうか。これは、犯罪の嫌疑がなくなった場合、またはあなたに住居不定や証拠隠滅のおそれや逃亡のおそれのすべてがなくなった場合をいいます。
次に、勾留の必要がなくなった場合としては、あなたを勾留することによって得られる利益よりも、あなたを勾留することによって生じる弊害の方が大きくなった場合をいいます。典型例としては、あなたが住居不定を理由に勾留されていたところ、確実な身元引受人が現れた場合が挙げられます。

勾留による拘禁が不当に長くなったとき

では、勾留取消しのもう1つの原因である、勾留による拘禁が不当に長くなったときとは、どのような場合でしょうか。
まず、勾留による拘禁とは、勾留によって現実に拘束されている状態をいいます。次に、不当に長いかどうかは、単に時間的に長さによってではなく、事案の性質や犯罪の軽重、審理の状況や経過、証拠構造からくる審理判断の難易度など、さまざまの事情から総合的に判断されます
勾留による拘禁が不当に長くなったことを理由とする取消しの場合は、勾留の理由や勾留の必要があっても、勾留を取消さなければなりません。つまり、仮にあなたに逃亡や証拠隠滅のおそれがあったとしても、勾留が取消されるのです。その分、不当に長いかどうかは慎重に判断される傾向が出てくると考えられます。

保釈と勾留取消しとの相違点

では、勾留の取消しと保釈とは、どのような違いがあるのでしょうか。
まず、効果の点での違いを見てみましょう。
保釈は、判決までの間、あくまで暫定的に、勾留の執行を停止してあなたの身柄拘束を解くものです。暫定的な執行停止である以上、保釈は取消されることがあり得ます。
これに対して、勾留取消しは、勾留の効力を将来に向かって消滅させるものです。確定的な消滅なので、保釈の取消しのような、その後に身柄拘束を復活させる制度はありません(ただし、勾留の取消しに対する検察官からの不服申し立てが認められた場合は別ですが)。
次に、要件の点での違いを見てみましょう。
保釈は、あなたに証拠隠滅のおそれがある場合には、認められません。これに対して、勾留による拘禁が不当に長くなった場合の勾留取消しは、証拠隠滅のおそれがある場合であっても、認められます。ただし、その分、要件の認定は慎重になることが考えられます。
また、勾留の取消しの場合は、暫定的でなく確定的に釈放するものなので、保釈金のような担保を納める必要はありません
同じく、勾留の取消しの場合は、保釈における保釈条件のように、釈放中に守るべき条件がつけられることはありません

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます 上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます 友だち追加

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の様な問題でお悩みの方へ

弁護士に相談、弁護依頼することで
早期の事件解決が期待できます

あなたの問題解決に最も役立つのが刑事弁護士です。刑事事件に強い弁護士に相談し、事件の解決を依頼することで、次のような結果を得られる場合があります。

よくある解決パターン

  • 前科がつかずに事件を終えられる。
  • 会社や学校にバレずに事件を終えられる。
  • 示談で円満に事件を終えられる。
  • 早く留置場から出て来られる。
  • 刑務所にいかなくてよい。
  • 裁判所で裁判を受けなくてよい。
  • 無実を証明することができる。

お悩みならお電話ください。

相談・問合せだけでも大丈夫です。
フリーダイヤルにお電話ください。

ご安心ください。弁護士はあなたの絶対的な味方です。数多くいる弁護士の中でも、特に頼りになる弁護士を見つけるには、実際に相談してみるのが一番です。まずはフリーダイヤルまでお電話をおかけください。

アトムの安心ポイント

  • 24時間365日いつでも電話予約できる。
  • 完全な個室で秘密相談を受けられる。
  • 刑事弁護専門のプロの助言を受けられる。
  • セカンドオピニオン歓迎、相談のみ歓迎。
  • 家族が今逮捕されている場合は無料相談。
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける @atombengo 無料フォームで問い合わせる

無料法律相談の流れ

1電話で相談を予約する。

  • 素人判断での事件処理は危険です。
  • 捜査の手が広がる前に今お電話を。
  • 相談は365日24時間受付無料です。
  • 匿名での相談も受け付けています。
タップして電話する
0120-631-276

2弁護士と面談の上、相談する。

  • 相談した内容は秘密厳守です。
  • 匿名で相談することもできます。
  • ご家族が逮捕中の方は無料です。
  • 相談限りのご来所も歓迎です。

3事件の解決を依頼する。

  • 契約前にお見積もりを提示します。
  • 明確な料金表で費用を算出します。
  • 事件の状況を適切に報告します。
  • 小さな悩みでも親身に伺います。

よくある解決パターン

  • 前科が付かず事件が解決しました。
  • 逮捕されてもすぐ釈放されました。
  • 示談で被害者が許してくれました。
  • 会社にばれず職場復帰できました。
  • 誰にも内緒で事件が解決しました。

より詳しい情報はこちら

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける @atombengo 無料フォームで問い合わせる

弁護士の活用法を大公開!

アトムのLINEのアカウントでお得な無料相談を受ける @keijisoudan
無料フォームで問い合わせる

▼ 閉じる ▼