保釈請求 弁護士
保釈弁護士ネットホーム > 保釈にかかる時間
お問い合わせ

保釈を請求できるのは起訴された後だけ。

保釈を請求することできるのは、事件が起訴された後だけです。したがって、逮捕された後は、通常20日間の勾留期間を経て事件が起訴されるまで、保釈を請求することはできません。

(具体例)

1月01日逮捕1月12日勾留延長請求、勾留延長決定
1月02日1月13日勾留11日目
1月03日勾留請求、勾留決定1月14日勾留12日目
1月04日勾留2日目1月15日勾留13日目
1月05日勾留3日目1月16日勾留14日目
1月06日勾留4日目1月17日勾留15日目
1月07日勾留5日目1月18日勾留16日目
1月08日勾留6日目1月19日勾留17日目
1月09日勾留7日目1月20日勾留18日目
1月10日勾留8日目1月21日勾留19日目
1月11日勾留9日目1月22日起訴 ← ここで初めて保釈を請求できる。

保釈が認められない場合は、起訴されてから裁判が終了するまで、通常は短くて1~2か月の間、引き続き身柄を勾留されることになります。 保釈が認められた場合は、裁判所によって定められた住居(通常は自宅)に帰り、裁判が終了するまで通常の生活を送ることができます。

保釈を請求してから許可されるまで約3日間が必要。

保釈を請求したとしても、直ちに許可の決定が出るわけではありません。 通常は、保釈を請求してから裁判所の審理を経て許可の決定が出るまで、土日祝日を除いた中2日を要します。

(具体例-23日24日が平日の場合)

1月20日勾留18日目
1月21日勾留19日目
1月22日起訴、保釈請求
1月23日
1月24日
1月25日保釈許可決定

(具体例-23日24日が土日の場合)

1月20日勾留18日目
1月21日勾留19日目
1月22日起訴、保釈請求
1月23日土曜日(裁判所が休み)
1月24日日曜日(裁判所が休み)
1月25日
1月26日
1月27日保釈許可決定

保釈を請求してから許可されるまで約3日を要するのは、裁判所が保釈の許否を審理するためです。
この間、裁判所は検察官に保釈を認めてよいかの意見を打診し、その回答を待って保釈の許否を審理します。
裁判所や検察官が抱えている事件が少なく、審理がスムーズに進んだ場合は、保釈請求の翌日に保釈が許可される場合もあります。
ただ、一般論としては、保釈の請求から許可まで約3日間を要すると考えておくのが妥当です。

ATOMだからできる。早期の保釈。

以上のとおり、保釈は請求した直後に認められるわけではなく、また保釈の請求自体にも準備を要します。
具体的には、被告人の家族と十分なコミュニケーションを取り、身元引受けの環境を確認し、必要な書類を準備する必要があります。

ATOMでは、保釈に精通した被告人専属の弁護士が、前もって保釈の請求に必要な準備をすべて完了させ、起訴の直後に保釈を請求します。
そのため、可能な限り早い段階で、被告人を留置場から解放することができます。

「身柄解放は1日でも早く。刑罰は1つでも軽く。」
これが、刑事事件に強いATOMの弁護士共通のモットーです。

保釈までの流れ